2018.03.13.12:02.302

海洋成分で頭皮をケアする「海のうるおい藻 地肌ケアシャンプー」



今回紹介するのは、「ディアボーテ HIMAWARIシャンプー」で有名なクラシエから2018年3月に発売された「海のうるおい藻 地肌ケアシャンプー」

11種類の海洋成分を配合することで頭皮環境を改善を目的としたシャンプーとして新しく発売されています。

ただ、新しいシャンプーということで気になってくるのが配合されている成分。

個人的には"クラシエ"から発売されている化粧品等は、ドラッグストアなどで購入できる商品の中でもクオリティが高いモノが多いと思っています。

果たして、今回解析する「海のうるおい藻 地肌ケアシャンプー」も髪に良い成分で造られているのでしょうか。

早速詳しい成分構成を見てみましょう。



「海のうるおい藻 地肌ケアシャンプー」の成分解析


成分評価表

硫酸系洗浄成分を使った高刺激シャンプー。コンディショニング成分も少な目なので洗い上がりが心配。頭皮環境改善効果を感じられる可能性はほとんど無し。

"ラウレス硫酸Na"で頭皮の汚れを根こそぎ除去


まずは「海のうるおい藻 地肌ケアシャンプー」に配合されている洗浄成分の種類を解析してみましょう。

メインとなる洗浄成分は「ラウレス硫酸Na」。

もうすでにご存じかもしれませんが、「ラウレス硫酸Na」は高い洗浄力と高い刺激性があるとされる成分で、タンパク質を変性させる作用があります。

そのため、洗うたびに髪のタンパク質を変性させるため、知らないうちに毛髪のダメージが蓄積されていく可能性があります。

頭皮に対しては、痒みや乾燥の原因となることもあるため、敏感肌、乾燥肌の人は特に避けた方が無難です。

逆に、肌が強く皮脂の分泌が多い人にとっては良い効果をもたらすこともありますが、どちらにしても毛髪に対しての効果は同じであるため、髪のパサつきの原因となる可能性があります。

そして、その次に配合されているのが「コカミドメチルMEA」。

こちらは泡立ち改善や、泡を細かくする、といった洗浄を補助する効果のある成分です。低刺激でほとんど洗浄力は無いため、メインとなる「ラウレス硫酸Na」の洗浄力と刺激性を抑える効果があります。

その次に続くのが「パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン」。

こちらも低刺激、低洗浄な成分で刺激性緩和に努めてくれます。また、保湿力もプラスしてくれるので硫酸系成分の乾燥を多少は改善してくれるかもしれません。

最後、4つ目の洗浄成分となるのはアミノ酸洗浄成分「ラウロイルメチルアラニンNa」。

低刺激で適度な洗浄力がある成分として知られ、髪のコンディショニング効果もあります。

ただ、配合量が少なめとなっているのであまり高い効果は期待できません。配合されていないよりは"マシ"程度に考えておいたほうが良いかもしれません。

頭皮の汚れを根こそぎ落とすので毎日の使用はNG

配合されているすべての洗浄成分を見てみましたが、ひと昔まえの高洗浄&高刺激シャンプーといった印象です。

クラシエさんで人気の「ディアボーテ HIMAWARIシャンプー」は非常にクオリティの高い洗浄成分を使っていたので期待値が高かったのですが、残念な結果となりました。

利益としっかりと確保できるシャンプーも必要ということでしょうかね。

海洋成分+ポリマーで頭皮と髪をコンディショニング


「海のうるおい藻 地肌ケアシャンプー」は、名前の通り"海洋成分"で髪と頭皮のコンディショニング効果をプラスしているシャンプーになります。

硫酸系と相性の良い「シリコン成分」は一切使われておらず、保湿成分には「紅藻エキス」「褐藻エキス」「緑藻エキス」「加水分解スサビノリ」などの天然成分が使われています。

決して悪い成分ではありませんが、硫酸系洗浄成分による脱脂の方が高い効果となるため、保湿力はあまり効果を実感できないと思われます。

そして、髪のコンディショニング成分として配合されているのが「ポリクオタニウム-10」と呼ばれる合成ポリマー。

シャンプーに配合されている成分としては非常に一般的で、洗髪後の軋み緩和などの役割を持っています。ノンシリコンシャンプーには欠かせない成分とも言えます。

ただ、この点に関しても配合量がかなり少ないということもあり、洗髪後の軋みにきになりますね。

週1回のクレンジング用シャンプーとしてならアリ


「海のうるおい藻 地肌ケアシャンプー」の成分を解析してみた結果ですが、個人的には全くおすすめできないシャンプーといった印象でした。

ただ、高い洗浄力を生かした「週1回のクレンジング用シャンプー」といった使用方法であれば「ギリギリありかな?」なんて思っています。肌の強い人限定ですが・・・。

この手の「地肌ケアシャンプー」の成分を解析してみて思うのが「刺激性の強い洗浄成分が使われている可能性が高い」ということ。

「地肌ケア=さっぱり」というイメージなのでしょうか。全く逆の効果になってしまいそうなのに。

ということで、個人的にはおすすめしませんが、価格はかなりリーズナブルなので興味のある人は是非チェックしてみてください。



商品名海のうるおい藻 地肌ケアシャンプー
メーカークラシエ
内容量420/520ml
タイプノンシリコン
成分水、ラウレス硫酸Na、コカミドメチルMEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、PG、紅藻エキス、褐藻エキス、緑藻エキス、加水分解スサビノリ、海水、海シルト、アセチルグルコサミン、クエン酸、クエン酸Na、ポリクオタニウム-10、BG、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別シャンプーおすすめランキング
シャンプーおすすめランキング 「ボリュームアップ編」